人材不足の解決策

看護師の人材不足は都市部、地方共に深刻で目立った解決策は今のところ立っていません。どの医療機関も求人活動に力を入れ優秀な人材を確保しようと必死になっています、医学部付属の大学病院では毎年多くの人数の看護師を新卒で採用して独自の研修教育制度を充実させて先端医療立国日本の名に恥じないような立派な看護師の育成に余念が有りません。研修教育制度のなかには専門看護師、認定看護師取得のためのプログラムも組まれて高度な医療技術を兼ね備えた看護師を排出しています。
研修教育制度を積んだ新人看護師は外来、病棟、訪問など各セクションに配属されさまざまな看護業務を行ない経験を重ねながら一人前の看護師として成長して行きます。勤続年数を重ねて行くと年収も上がり、役職も付いて人事管理にも目を向けざるを得なく成ってきます。看護技術の習得と共に人の管理能力も問われるようになり看護師によってはストレスを抱えることになるかも知れません。男性の看護師が増えたとは言っても女性中心の職場であることに変わりはなくチームワークで行動することが最優先事項であるにも関わらずプライドの高いベテラン看護師を中心に人間関係に障壁を来すこともしばしばです。
また潜在看護師の存在も看護師の人材不足に拍車をかけています。一度離職した看護師が復職したくても長期間に渡って看護現場を離れていたため自信を失って応募になかなか踏み切れない場合や日進月歩の医療技術に付いていけるか不安を感じ尻ごみするケースが多いのです。このような潜在看護師の掘り起こしも人材不足払しょくのための大切な作業と言えるでしょう。

Leave a Reply

free blog themes