経験と実績

看護師にとって最も大切なのは経験と実績です。看護師養成学校や大学の看護学部を卒業して国家試験を突破してからの看護師の働き方にもさまざな形態があります。大学病院と言う大きな組織のもとで研修教育を受け専門看護師や認定看護師の資格を取得して医療の最先端でキャリアアップを図り、ひたすら上へ上へと成長を目指す人もいれば、町の開業医でホームドクターのサポート役に徹して近所の住民の健康管理を常にチェックしてふれあいを大事にする看護師になるという選択肢もあります。
新人看護師の頃は大学病院に所属し先端医療に通じた看護師になることを目標として日夜激務もいとわないハードワーカーとして過ごし、さまざまなセクションを廻りいろいろな仕事を経験することで人間としての幅も広くなって来ます。仕事内容の難易度も高くなるに連れて人間関係の面でも成長ぶりを発揮し同僚と良好な関係を保つ技術を身に付けるほかグループの長としてチームワークを運営する才覚も会得するようになるでしょう。そして新人の教育に力を注ぎ管理職として大成することも視野に入って来ます。このように新卒看護師は段階を経て経験と実績を積んで行きます。
これに引き換え町の開業医やクリニックで働く看護師はすでにベテランの域に達した人がなるケースが多いようです。現在日本では潜在看護師の多いことが問題になっています。ブランクの長い看護師は看護技術の現場から離れて腕が鈍っていることを気にしているケースが多いようです。しかしベテランの豊富な経験はこのような職場でこそ充分発揮されます。職場の大小に関わらず経験と実績が大切なのはこのような面からも明らかと言えるでしょう。

Leave a Reply

free blog themes